ナックの次はナナゴ

s-J74A0629.jpg
2016.4.9 レトロふくしま花見山号 東北本線 松川-金谷川(えーし・EOS 7D MarkⅡ EF70-200mm F2.8L ISⅡUSM×1.4Ⅱ)

 カンなしナナゴで面縦はダサい!撮るまではそう思っていましたが、撮ってみたらめっちゃカッコイイ。いやシブイ!ただ、サンニッパを家に置いてきたため今回は70-200にテレコンで妥協撮り。パンタの横に変なポールが来ていますが、架線柱は構図内に入らなかったので合格点でしょう。

 ちなみに、翌週もこの場所の再履修?に訪れましたが、通過時だけ分厚い雲にやられて見事に撃沈。さて、次のターゲットは…?
スポンサーサイト

毎年恒例のお花見

052 -現像
2016.04.09 9570レ レトロふくしま花見山号福島行き 東北本線 船岡-大河原(かんくす・K-5Ⅱs SIGMA 28-70mm f2.8 EX DG)

東北随一の桜の名所、船岡城址公園から見下ろす一目千本桜。2013年に初訪問した際、城址に溢れんばかりの桜と白石川にどこまでも続く桜並木に感動を覚え、以後毎年訪れている。夜行がなくなった今年も1人で行く予定であったが、今年の花見臨がナナゴ+旧客であることがわかり知り合いが次々反応(笑) 結果、レンタを出すはまみどり氏に追っかけ担当のえーし氏、関西から参戦のはやぶさ氏更には私の知り合いB氏が揃い5人で船岡を目指したのであった。
麓には真夜中に到着。まずは前日入りしているという閉塞区間氏らに挨拶を済ませ、既に乱立している置きゲバの隙を見つけて場所を確保。車で仮眠を取り翌日の撮影に備えた。
翌朝現地に戻り、咲き具合を見て一安心。上空は若干霞んでいるが通過時刻には問題ないだろう。まずは景気づけに花見団子で一杯(笑)、久しぶりに会う方々ともお話するうち、通過時刻が近づいてきた。
さてアングルの確認。縦構図は2年前に極めてある上、立ち位置的にも横がベストと踏みデジは横アングル。フィルムは縦135mmでピッタシなので縦と落ち着いた。そして本番、ゆっくりと船岡駅を発車したレトロな編成を一同猛烈なシャッターでお出迎え。V!今年も最高のお花見ができ、心から満足した。

鉄道を陰で支える男達

品川工臨 川口現場 
2015.11.11 工9392レ 品川工臨 東北貨物線 西川口‐赤羽 (D600 AF-S Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)
高崎工臨 倉賀野現場
2015.8.28 工9779レ 高崎工臨 高崎線 北藤岡-新町 (D600 TAMRON 70-200mm F/2.8 [A009])
小山工臨 大平下現場
2015.9.27 工9691レ 小山工臨 両毛線 大平下駅構内 (D600 TAMRON 150-600mm F/5-6.3)


列車が走らない夜間の時間帯に行われるレール卸し、バラスト散布作業。
保線員さんが真剣な眼差しを光らせ、黙々と作業を進めていきます。
鉄道の『今』があるのは、影で支えてくれている方々が居るからこそ、成り立つものなんですね。

小山工臨 大平下現場

2015.9.27 工9691レ 小山工臨 両毛線 大平下駅構内 (D600 TAMRON 150-600mm F/5-6.3)
※撮影者:4枚とも閉塞区間。

鉄道を裏で支えてくださる現場関係者各位には本当に頭が下がる思いです。

一般車の魅力

4W9A9096.jpg

fc2_1.jpg

1枚目:2016/2/8 近鉄橿原線 笠縫(かっぱ・EOS5DIII+120-300mm F2.8DGOSHSM Sports+teleconverter2x)
2枚目:2015/6/4 近鉄大阪線 名張-赤目口(同上・EOS5DIII+120-300mm F2.8DGOSHSM Sports)

以前紹介した特急車に負けじと、こちらも車齢の古い車ばかりが残る近鉄の通勤型。

大手私鉄の中でもトップクラスに細分化された形式を覚えるのには苦労させられましたが、組成のバリエーションの多さや光線によって刻々と変化する表情など、特急車のピン電にするには勿体ないくらい魅力的な被写体だと思います。

あとは細かい編成を気にしなければこの顔なら適当に待ってりゃ来るってのもありがたいですね笑

これでラスト?特別なトワイライト


2016.03.22 9036レ 伯備線 井倉-広石(信) (はやぶさ・D610 AF Nikkor ED 80-200 f/2.8D)

 ダイヤ改正に伴ってますます被写体が無くなりつつある昨今。このまま写欲が自然消滅するのを待つのも悪くはないが、先週のバリ晴れ写真に煽られた私はバイト終わりにそのまま2号線を下り、未明の姫路駅で友人を拾うと山陽道~岡山自動車道を経由して井倉の鉄橋にやってきた。Twitterによると数日前から場所取りが実施されており「お召でも来るんですか?」状態。
ベストと思われる場所の後ろ側に立ち位置だけは確保して北上。一発目、伯耆溝口付近のストレートは山影が懸念されたがギリギリで日が出てV。追っかけはバカ停に次ぐバカ停によりコンビニで朝食を調達しても十分安全運転で間に合う時間。1時間の余裕をもって到着すると挨拶を済ませて構図を合わせる。クソ雲心配無用のド快晴にあっさり過ぎるくらいあっさりと最後(?)の特別なトワイライトを収める事に成功したのだった。

 こんなにガッツリテツをするのは半年ぶりくらいだったが、一度覚えた鉄道写真、構図の組み方からピントの合わせ方までちゃんと覚えいたようである(笑) 被写体難ではあるものの、今後はちょくちょく更新ネタになるような写真も撮っていこう!免許も取ったことだし…。
プロフィール

fyuiyok

Author:fyuiyok
7人で作る撮影日記です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR